すずき 英敬

PROFILE

プロフィール

前三重県知事 
自民党三重県第 4 選挙区支部長
次期衆議院選挙候補予定者

鈴木 英敬(すずき えいけい)

昭和49年8月15日生まれ。兵庫県出身(本籍地菰野町)。東京大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)に。
平成21年衆院選で三重2区から自民党公認で出馬も落選。平成23年、当時全国最年少36歳で三重県知事就任(3期)。全国知事会地方創生対策特別本部長、危機管理・防災特別委員長、ワクチン対策特別チーム副チーム長等歴任。
妻はシンクロ五輪メダリストの武田美保。一男一女。
イクメンオブザイヤー等も受賞。
令和3年9月12日、10年務めた三重県知事を退任。

すずき英敬、
地域の皆さんとともに

  • 学 歴

  • 1987年3月

    西宮市立 南甲子園小学校 卒業
  • 1990年3月

    私立 灘中学校 卒業
  • 1993年3月

    私立 灘高等学校 卒業(生徒会長)
  • 1994年4月

    東京大学文科II類 入学
  • 1998年3月

    東京大学経済学部経済学科 卒業
  • 主な職歴

  • 1998年4月

    通商産業省入省(大臣官房総務課配属)

  • 2002年5月

    経済産業政策局新規産業室参事官補佐

    ― 構造改革特区(特区制度の設計及び普及)

    ― 中小・ベンチャー企業支援

    (エンジェル税制、1円起業、ドリームゲート等)

  • 2004年5月

    経済産業政策局産業人材政策室課長補佐

    ― 若年失業問題

    (ジョブカフェ及びキャリア教育事業創設、「社会人基礎力」の仕掛け)

  • 2005年5月

    資源エネルギー庁電力市場整備課課長補佐

    ― 電気事業制度改革、温暖化対策

  • 2006年7月

    商務情報政策局情報政策課課長補佐(IT戦略等担当)

    ― 家電リサイクル制度、情報大航海プロジェクト

  • 2006年10月

    内閣官房 参事官補佐(出向)

    ― 官邸スタッフ(教育再生、地球温暖化等)

  • 2007年9月

    地域経済産業グループ地域経済産業政策課課長補佐

    兼 地域経済再生に関する大臣特命プロジェクトチーム

    ― 地域間格差問題、「農商工連携」

  • 2008年2月

    自由民主党三重県第二選挙区支部 支部長

  • 2011年2月

    自由民主党を離党

  • 2011年4月

    三重県知事就任

  • 2015年4月

    三重県知事再選

  • 2019年4月

    三重県知事再選