感謝

前三重県知事
自民党三重県第4選挙区支部長すずき英敬

すずき英敬
感謝

前三重県知事
自民党三重県第4選挙区支部長すずき英敬

10月29日(金)街頭演説予定
10月30日(土)街頭演説予定

感謝と
思い
MESSAGE

平成23年4月に知事に就任させていただいて約10年5か月。強い使命感で全身全霊職務にあたってまいりました。誰よりも三重県のことを考え、汗をかき、走り回りました。そのようにできたのも、就任当時36歳で政治経験もなく、三重県の生まれ育ちでない私を、信じ、ともに歩んでくださった県民の皆様のおかげです。改めて、県民の皆様に対して、心から感謝申し上げます。
 今回の決断は、悩みに悩みました。大きな大きな心の葛藤もありました。そのような中、コロナ対策で共に戦ってきた市町長、医療関係、中小企業に働く方や市民の皆様から、「コロナ禍の今だからこそ、現場をよくわかっている鈴木英敬が国に必要」、「この地域の実情を知り尽くしている鈴木英敬に国で活躍してほしい」との多くの声をいただきました。皆様の熱いお気持ちやいただいた声を重く重く受け止め、また、県政でまいた地域の元気づくりや安全安心の種を、より大きく花開かせるため、新たなステージでの挑戦を決意しました。
 今回の新たな挑戦について、様々なご意見があることも十分承知しており、大変重く受け止めております。今後、新たなステージに立たせていただければ、この地域はもちろん、県や国全体に仕事で成果を出して恩返ししていくことで、「あの時の判断は間違っていなかった」と皆様に思っていただけるよう精進してまいります。
 国体中止の苦渋の決断はじめ、10年間の知事職は決断の日々。尊敬する政治家の一人である故・中曽根元首相は、「政治は、愛とか優しいとか、名詞や形容詞で語るのではなく、『私はやる』と動詞で語るものだ」と言葉を残しておられます。
 その言葉どおり、三重県知事として動きに動いた10年間の「情熱」と「実行力」「決断力」そのままに、

この地と日本の未来のために
全力投球で頑張ります。

ACTIVITY 活動報告

すずき英敬は、ピンチをチャンスに変え、
日本の未来のために「動きます」

2021.10.26

more

【第2回すずき英敬がズバリ生回答!ライブ配信】 ご視聴・ご参加ありがとうございました!

2021.10.25

more

小泉進次郎 前環境大臣 応援にきていただきました!

2021.10.25

more

安倍晋三元総理 応援にきていただきました!

NEWS
お知らせ

PROFILE プロフィール

>鈴木 英敬(すずき えいけい)

前三重県知事
自民党三重県第4選挙区支部長
次期衆議院選挙候補予定者
鈴木 英敬(すずき えいけい)

昭和49年8月15日生まれ。兵庫県出身(本籍地菰野町)。東京大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)に。
平成21年衆院選で三重2区から自民党公認で出馬も落選。平成23年、当時全国最年少36歳で三重県知事就任(3期)。全国知事会地方創生対策特別本部長、危機管理・防災特別委員長、ワクチン対策特別チーム副チーム長等歴任。
妻はシンクロ五輪メダリストの武田美保。一男一女。イクメンオブザイヤー等も受賞。
令和3年9月12日、10年務めた三重県知事を退任。