Activity

活動報告

8月7日、8日は佐賀県で有明海の海苔生産状況をお聞きしました

2022.08.07

7,8日、佐賀県へ。海苔生産全国1位の佐賀県。有明海の海苔生産の状況をお聞きしました。知事の先輩である地元選出の古川康代議士もお越しいただきました。三重県同様、色落ちが近年厳しく、栄養塩の少なさ、河川により流量が不足していることなどにより、ノリ生産者の経営が大変厳しく、今にも廃業する生産者が出かねない状況で、三重県と大変共通点が多くありました。併せて、二枚貝も厳しい状況にあるという同様の傾向がありました。改めて強い危機感のもと、全国の海苔生産県選出国会議員の皆様と相談して、支援強化に向けた取組を進めていきたいと思います。 

佐賀城本丸歴史博物館では、10代佐賀藩主の鍋島直正の偉業をお聞きしました。海外との玄関口である長崎の警備を任されており、常に国防を念頭に藩政を運営されており、日本初の鉄製大砲を製造するとともに、他方、前の藩主からの負の遺産を引き継ぎながら、財政改革、本丸再建、産業振興、教育改革、当時不治の病と言われた天然痘の根絶などに取り組みました。北海道開拓長官も務め、中心都市を札幌に決めるなどもされたそうです。リーダーのあり方など様々勉強になりました。

「九州のお伊勢さん」と言われる伊勢神社にも。九州で唯一、伊勢神宮からの分霊が許された神社とのことで、住所も「伊勢町」でした。

また、経済産業省の「近代化産業遺産」にも認定されている志田焼の里、6次産業化で大成功している農家、DX・スタートアップ支援の取組など、大変有意義な視察で、今後の国政に活かせるヒントがたくさんありました。初日懇親会には、岩田和親代議士や村上嬉野市長もお越しいただきました。受け入れてくださった皆様に感謝感謝です。

  • SHARE
  • facebook
  • LINE
  • twitter