安倍元総理の国葬儀に参列させていただくとともに、葬儀委員を拝命し運営にあたらせていただきました。

安倍元総理の国葬儀が営まれ、参列させていただくとともに、葬儀委員を拝命し、運営にあたらせていただきました。人の命はいつか終わりを告げ、人と人との別れが来ることは避けられないものと頭では理解しつつも、突然の、あまりにも突然の、安倍元総理との別れに、この2か月半複雑な思いが続いていました。しかし、そのような中でしたが、今回の国葬儀は、関係者の皆様、何より昭恵夫人はじめご遺族のおかげで、厳かで心のこもった国葬儀になり、様々な意見があることは承知しておりますが、私個人としては、国葬儀が行われたことは良かったと感じています。

「総理、ありがとうございました」。祭壇前にて心の中でつぶやいた最初の言葉。改めて、「政治家鈴木英敬の生みの親」でもありますので、心からの感謝の気持ちを込めて、哀悼の誠を捧げました。ご遺族、とりわけ昭恵夫人のお気持ちを思うと、察するに余りある、大変お辛い状況であると思われますが、国葬の実施や準備にあたった関係者、献花に向かう際に昭恵夫人にお声がけする方々など、すべての方お一人お一人に丁寧に丁寧に、悲しみを抑えながら対応されていた姿に本当に頭の下がる思いでありました。

祭壇前で心の中でつぶやいた次の言葉は、「総理、今日も晴れましたね」。安倍元総理はスーパー晴れ男。平成28年のG7伊勢志摩サミット時も、朝からすぐれなかった天気は、首脳による伊勢神宮訪問時に素晴らしい晴天に。あの時、地元知事として、天気に関して大変なプレッシャーを感じていましたので(笑)、当時の菅官房長官も天気のことをご心配されておられました。しかし、見事に晴れ、安倍元総理はじめ首脳による笑顔が映える機会となりました。当日配られた栞には、3枚の写真しかありませんでしたが、その1枚に伊勢志摩サミット時の内宮神楽殿前での首脳が歩きながら談笑されるシーンが取り上げられておりました。本当に嬉しかったですし、生前のお姿を映した動画にもたくさん出てきて、大変熱い思いになりました。これらを思いながら、この日の朝一番の秋晴れを報告しました。参列される方や一般献花に並ばれていた皆様への安倍元総理の優しさも現れているのではないかと感じた次第です。

今回葬儀委員を拝命しました。天皇皇后両陛下のお使いの拝礼に続き、上皇、上皇后のお使いの方が拝礼をなされ、その後、皇嗣殿下はじめ皇族各殿下の献花がございましたが、官房副長官とともに、上皇后のお使いの方の拝礼時等のご案内をさせていただきました。私も献花を終えた後は、岸田総理の近くの、献花をされる方々のご表情がよく見える場所に座らせていただいておりましたが、皆様が心を込めて献花をされる姿を近くで見させていただいて、熱い思いがこみ上げてきました。国葬儀の最後には、岸田総理、昭恵夫人に続いて列に並び、ご遺骨のお見送りをさせていただきました。大きな事故やテロなどなく国葬儀を終えることができたこと、関係者の皆様のご尽力に心から敬意と感謝申し上げます。

菅前総理が友人代表として弔辞を述べられました。素晴らしい弔辞でとても感動し、私も涙が出て、会場からも弔辞終了後、弔辞であるとわかりながらも自然と拍手が起こりました。特に、菅前総理ご自身も声を詰まらせたのは、「総理、あなたは、常に笑顔を絶やさなかった。いつも、まわりの人たちに心を配り、優しさを降り注いだ。総理大臣官邸で共に過ごし、あらゆる苦楽を共にした7年8か月。私は本当に幸せでした。」という箇所でした。政策の話の場面ではなく、「笑顔」というところで声を詰まらせたことは、菅前総理が心の底から安倍元総理のお人柄を慕われ、ともに過ごされてきたんだなあと思い、胸が熱くなりました。菅前総理が、ご自身の今の気持ちとして引用された、山県有朋が伊藤博文が亡くなった時に詠んだ「かたりあひて 尽しヽ人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」という歌は、本当にその場に居合わせた我々も同じ気持ちと感じられる歌だったと思います。ちなみに、この歌は、安倍元総理が、JR東海の葛西敬之名誉会長が亡くなられた際の対談で引用されていたそうです。

配布された栞には、「夢」という字、安倍元総理がよくされる揮毫がありました。これは私も大好きで写真にあるように、知事時代の執務室や現在事務所に飾っています。しかも、大変僭越ながら、私も揮毫で、安倍元総理のように達筆ではありませんが、「夢」をよく書かせていただいており、この栞を見た際、鳥肌が立つような思いでした。安倍元総理のご遺志を継いで、「夢の続き」を仲間の皆さんと一緒に実現できるよう精進を重ねていかねばと改めて意を強くしています。

この日、葬儀委員としてモーニングを着用している時以外につけていたネクタイは、写真にある青のレジメンタルのネクタイ。これは、安倍元総理が、生前約60年ぶりにピアノ演奏された「花は咲く」を弾かれている時につけられていたものと同じネクタイです。私もG7伊勢志摩サミットの時の2日目に着用していたものです。「花は咲く」の歌詞にあるように、若者やこれから生まれてくる次世代、そして日本の未来を思い続けた安倍元総理。その蒔いていただいた種を花咲かせることができるよう、我々残されたものが、この国葬儀を1つの「節目」として、誠心誠意努力をしていかねばならない、そんな気持ちを強くさせていただく、何か、安倍元総理から、背中を押していただくような一日だったと改めて思います。安倍晋三先生、ありがとうございました。安らかにお眠りください。我が国の行く末を天国で見守っていてください。合掌。

本日は安倍晋三元総理の国葬儀です

本日は、安倍晋三元総理の国葬儀です。「総理、今日も晴れましたね」。「スーパー晴れ男」でいらっしゃった安倍元総理。参列される方や一般献花をされるために並ばれる国民の皆様が穏やかに過ごせるよう安倍元総理の優しい思いも現れているのではないかと感じます。

安倍元総理へ心からの感謝の気持ちを込めて、哀悼の誠を捧げ、心静かに送りたいと思います。

私は、政務官として、葬儀委員の大役も拝命しておりますので、安倍元総理の国葬儀にふさわしい厳かでつつがないものとなりますよう微力を尽くしたいと思います。

宇治橋の写真は、安倍事務所に飾られていたもので、事務所移転等に伴い、一時お預かりしています。

故安倍晋三元総裁への追悼の意をささげる為、献花台を設置いたしました

自民党三重県連では、故安倍晋三元総裁への追悼の意をささげる為、献花台を設置いたしました。どなたでもお越しいただけます。

日時 令和4年9月27日

   10時から16時まで

場所 自由民主党三重県支部連合会1階

来年、三重県志摩市にてG7交通大臣会合が開催されることが決定しました!

来年、三重県志摩市にて、G7交通大臣会合が開催されることが決定しました!ありがとうございます!2016年、万全の警備が行われるとともに、オール三重でおもてなしや機運醸成に取り組み、成功裏に終えたG7伊勢志摩サミットの開催実績も踏まえ、県・志摩市等が頑張る誘致活動において、地元選出国会議員として微力ながら携わらせていただきましたので、とても嬉しく思います。まずは、とにもかくにも、県・志摩市の関係者の皆様のご努力に心から敬意と感謝を申し上げます。要望でお邪魔した、松野官房長官、林外務大臣、斎藤国交大臣等にお礼のご挨拶にまいりました。

来年広島でG7の首脳会議が行われますが、12の関係閣僚会議が全国各地で行われる中、観光を含む交通大臣会合が三重県志摩市で開催されます。コロナで落ち込んだ伊勢志摩などの三重県の観光の再生の起爆剤になればと思います。みんなで盛り上げてまいりましょう!!

〈こちらからご覧いただけます〉

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/cbc/154456?display=1&mwplay=1

安倍元総理の四十九日となりました

25日、安倍元総理の四十九日となりました。改めて心から哀悼の誠を捧げます。昭恵夫人はじめご家族にも心からお悔やみを申し上げます。派閥の総会では冒頭参加者全員で黙祷を行うとともに、改めて結束を確認しました。

また、私の伊勢事務所に設けさせていただいていた祭壇については、事件直後からの500超の献花を活用させていただいて作成したものですが、お花を足したりしながら昨日までたくさんの方にお越しいただきました。足を運んでいただいた皆様に心から感謝申し上げます。

あの惨事から今日まで、ロシアのウクライナ侵略から半年経過、中国の台湾周辺での威嚇的軍事演習など、世界や我が国の状況を天国からどのようにご覧になっておられるんだろうかと常々思いをはせています。ご遺志を継ぎ、我が国の国益と未来のために微力を尽くしていかねばならないと改めて考えております。また、この間、私も政務官のお役をいただきましたが、ご存命であれば直接様々な場面でご指導をいただけるのでしょうが、それも叶わぬ状況ですので、安倍元総理のご遺志に思いをはせながら、職務をしっかり遂行してまいりたいと考えております。

改めて安らかにお眠りいただきますとともに、天国では、人々を魅了したあの笑顔でお過ごしいただくことを祈念いたします。合掌。

8月15日48歳誕生日②

【8月15日48歳誕生日②】

多くの皆様からお祝いのメッセージをいただき心から感謝申し上げます。誕生日が内閣府大臣政務官としての初仕事初登庁となり、忘れられない1日となりました!

初仕事は、岸田総理と関係閣僚による「物価・賃金・生活総合対策本部」に担当政務官として出席。岸田総理からは、①食料品について輸入小麦価格の売渡価格の据置、②ガソリンの負担軽減対策について10月以降の対策具体化及び電力の供給力確保と電気料金対策、③地方ごとのきめ細かな対策のため自治体が実情に応じて活用できる地方創生臨時交付金の増額、が具体的に指示されました。また、持続的な賃上げ、価格転嫁対策の強化を進めることも指示がありました。9月上旬をめどに追加対策をまとめるよう指示がありました。私も担当政務官としてしっかり参画していきたいと思います。

内閣府では、山際大臣との面談、副大臣・政務官による職員への挨拶式。金融庁では、鈴木財務大臣・藤丸副大臣との面談、職員への挨拶式に臨みました。また、全数把握や水際対策の議論もある新型コロナ対策に関する説明等も受けました。政務官室が2つありますので、秘書官はじめ政務官室スタッフの皆さんともパチリ。

8月15日48歳誕生日①

【8月15日48歳誕生日①】

多くの皆様からお祝いのメッセージをいただき心から感謝申し上げます。朝一番は、靖国神社参拝へ。その後、知事時代から毎年参列していた全国戦没者追悼式へ。

縁あって終戦記念日に生を受け、恒久平和を願い、現在の我が国の平和と繁栄が先の大戦において尊い命を奪われてしまったご英霊の犠牲の上にたっていることを認識し、哀悼の誠を捧げました。そして、一家の大黒柱を突然奪われ、昭和、平成、令和と激動の時代を生き抜いてこられた遺族の皆様のご労苦にも敬意を。小さい頃から誕生日付近にはテレビでも戦争の特集などがあり、知らず知らずのうちに恒久平和、国を守るということに思いが強くなっていったこともあると思いますが、次世代へ戦争の悲惨さなどを伝えることの重要性が更に増していると実感しています。

政治家になる前から参拝を続けてきています。昇殿参拝後、一緒に参拝した同期の中野英幸内閣府政務官と写真を撮ろうとしたところ、これまた同期の勝目康衆議院議員と遭遇し撮影。また、三重県遺族会の伊藤会長もお会いしましたので一緒に撮影。

改めて、ご英霊の御霊の安らかならんことと、ご遺族のご平安とご多幸を、我が国及び世界の恒久平和を心から祈念致します。

https://www3.nhk.or.jp/…/20220815/k10013770891000.html

内閣府大臣政務官就任にあたりましてたくさんの方からご祝意を賜りました

東北での大雨により被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。東海・関東地域の皆様におかれましては、台風の警戒もお願いします。

昨日の内閣府大臣政務官就任にあたりましては、たくさんの方からご祝意を賜り、心から感謝申し上げます。辞令、指示書(内閣府政務官の4人しかいただきません)の写真も添付致します。写真は内閣府政務官四人衆です!それぞれ担務が広いので、助け合いながら力合わせて頑張ります。

少しずつ実感がわいてきておりますが、他方、本日の報道にもありますとおり、私も出席予定の15日の物価・賃金・生活総合本部にて、岸田総理から追加物価対策が指示されるようでありますし、重責も更に感じています。添付の内閣総理大臣談話や基本方針にある前半の多くを担当することになることになりますので、改めて身の引き締まる思いです。

ちなみに、首相公邸で並んでの写真は、「ハイチーズ」ではなく、「1分間撮り続けま〜す」でした。同期も投稿して面白かったので私も。

昨日就任式の際につけていましたネクタイについて、何人かの方にご質問をいただきました。あのネクタイは、平成24年12月26日に安倍元総理が国会において総理に再任された際につけておられたものと同じデザインです。私の勝負時にいつもつけております。常に、初心、挑戦心を忘れることなく努力していこうとそんな思いでつけておりました。

第2次岸田改造内閣において内閣府大臣政務官を拝命いたしました

2022.08.12

今回の内閣改造に伴い、新たに役職を拝命いたしました。

[内閣府大臣政務官]

担務
 ・経済再生(物価高騰対策、成長戦略など経済財政政策の司令塔機能)
 ・新しい資本主義
 ・スタートアップ
 ・新型コロナ対策
 ・全世代型社会保障改革
 ・金融庁

上記の担当となります。
とても重要な役職を拝命いただき、身の引き締まる思いです。

ーーーーーーーーーー

国会議員になって約9か月の1期生でありながら、チャンスをいただいた全ての皆様に心から感謝申し上げます。この場に立つことができるのは地元の皆様の日頃からのご支援のおかげです。重ねて感謝申し上げます。
た~くさんの方からお祝いのお言葉等をいただきましたが、これから少しずつ返信してまいります。ご容赦ください。

私の担当の主なもの(めちゃくちゃたくさん)は、喫緊の課題である物価高騰等への対策含めた経済対策をはじめとした「経済再生」、今後の感染症法上の位置づけや危機管理体制充実を検討する「新型コロナ・健康危機管理」、岸田政権の政策の柱である「新しい資本主義」、ずっと取り組んできた「スタートアップ支援」、「人への投資」を含めた「全世代社会保障」など。併せて、金融庁も担当致します。

今回の岸田改造内閣発足時にとりまとめられた「内閣総理大臣談話」や「基本方針」に示されている重要課題の最優先事項の多くを担当させていいただきます。微力で浅学菲才の私ですが、国民の皆様への影響も大きい政策ばかりですので、たくさんの皆様にお力添えをいただきながら、明るく、前向きに、全力を尽くしてまいりたいと思います。

4月に実父、5月に義父が亡くなり、初盆を迎え良い報告ができたかなと思います。また、7月に凶弾に倒れた安倍元総理へも良い報告ができたのではないかと考えております。

早速、週明け15日(月)朝から、岸田総理出席のもと、物価・賃金・生活総合対策本部へ参加し、初仕事がスタートします。以上、長文となってしまいましたが、改めて今日の任命を契機に、日本の国益と未来のため、全力を尽くしてまいります。皆様からのなお一層のご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。